本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

ザ・ぼんち 漫才ブーム当時は会場からダンボールで脱出!

公開日: 更新日:

「お・お・お・おさむちゃんで~~~す!」というためてためて引っ張る自己紹介でお馴染みの大ボケのおさむさんと、そのボケを温かいまなざしと的確なツッコミで操るまさとさんのベテランコンビ「ザ・ぼんち」。1980年代初頭の漫才ブームのトップランナーで、レコード「恋のぼんちシート」は80万枚に迫る大ヒットで漫才師として初めて日本武道館でコンサートを開催したことでも知られています。

 漫才ブーム当時の人気は凄まじく、殺人的な忙しさで日本中を飛び回り、山梨県と静岡県のイベントでは出演時間がダブルブッキングされていることが当日わかり、急きょ、出番時間をずらしてヘリコプターをチャーターして移動ということもあったそうです。またある時は地方都市の百貨店の屋上でのイベント出演があり、お店に入る時は車で地下駐車場に直接は入れたものの、イベント最中に、一目でも「ザ・ぼんち」を見ようというお客さんが押し寄せ、百貨店の周りは文字通りアリの這い出る隙間がないほど。イベントが終わっても出るに出られない状況になっていました。控室に戻って関係者から「このまま出ては将棋倒しなどの惨事も招きかねない」という話を聞き、「俺らどうなんねん?」と思われたそうです。そこで緊急の“脱出計画”が練られ、人目に触れずに出るためにはこれしかないということで、「ザ・ぼんち」の2人を段ボール箱に入れて梱包し、搬送用のトラックに積み込んで店外へ。おかげでお客さんにケガ人が出ることもなく、無事脱出に成功。「あんなことは二度とないやろな、ええ経験さしてもらった」と懐かしそうに話しておられました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る