ヒロミもカンニング竹山に続き…小池都政コロナ対策に怒り

公開日: 更新日:

「東京都は何もやっていない」。タレントのカンニング竹山(50)の次はヒロミ(56)だ。

 ヒロミは20日、フジテレビ系「バイキングMORE」に出演した際、東京都が3度目の緊急事態宣言発令を検討していることに触れて、「東京都は、じゃあ本当に病床を押さえてんのかとか、何にもやってないんじゃないかって思うぐらい、ホントに……」と怒りを爆発させたのだ。

 ヒロミが憤慨するのも無理はない。3月21日に東京都で2度目の緊急事態宣言が解除されてから1カ月しか経っていないのだ。緊急事態宣言は国民、都民に新型コロナウイルス感染拡大の注意を呼び掛ける狙いはあるが、一方で、最悪のケースに備えるために自治体や行政が医療体制の充実を図ったり、封じ込めに向けた対策を構築したりする準備期間でもある。

 その準備期間にほとんど何もせず、安易に新規感染者が増えているから「緊急事態宣言を要請しよう」というのでは、一体何のために自治体や行政は存在しているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    大阪・松井市長は緊急事態宣言解除後に「ジム通い」を再開

  4. 4

    グローバルダイニングが黒字転換 都に反発し店は大盛況

  5. 5

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  6. 6

    ピーチ“マスク拒否男” 直撃取材の1週間後に飲食店で大暴れ

  7. 7

    たいめいけん茂出木浩司シェフ 新店舗のキッチンは私の夢

  8. 8

    結婚がしたい…コロナ後遺症で障害者になった50代男性の苦悩

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

もっと見る