出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

公開日: 更新日:

「出川さん本人はもちろん、周囲も相当憔悴しているようですね」(キー局関係者)

 モデルでタレントのマリエ(33)の“枕営業”騒動で、実名告発されてしまったお笑いタレントの出川哲朗(57)。

「15年前の話だけに、出川さんを擁護する声もありますが、怖いのは昔を知らない若い世代の評判です。今でこそ好感度タレントですが、15年前の出川さんは、どちらかといえばキモいキャラ。ところが今の10代、20代はCMに出ているかわいいオジサンの出川さんしか知らなかったりします。騒動でショックを受けているのは若者の方で、影響も大きい」(広告代理店関係者)

 確かに15年前、40代前半の出川が、島田紳助氏の横でえげつない発言をしたと聞いても、中高年は大して驚かないはずだ。

 それに出川の所属事務所は「事実無根」と否定しているし、当のマリエも「告発じゃない」などと当初の勢いがなくなってきている。が、騒動は当事者の手を離れ、くすぶったまま独り歩きしてしまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る