てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

山本舞香の心はヤンキー 負の印象を気にせず貫く自分らしさ

公開日: 更新日:

「私、男性にお金を出させたくないんですよ。おごらせて、私のマウントを取ろうとする人が嫌なんです」(山本舞香テレビ朝日爆笑問題霜降り明星のシンパイ賞!!」5月9日放送)

 さまざまな映画・ドラマで存在感を発揮する一方、バラエティー番組などでは歯に衣着せぬ発言で人気の山本舞香(23)。そんな彼女が語った言葉を今週は取り上げたい。「僕が出しますよ」と言われても、「もう出したんでって。お店に入る時にカード渡しているから大丈夫です」と答えるという。

 その美貌とは裏腹に「(内面は)ほぼ、その辺歩いているヤンキーと構造は変わらない」「悪い子ではない。でも決していい子ではない」と、マツコ・デラックスが評したことも印象深い(フジテレビ「アウト×デラックス」18年8月23日)。

「ウソ八百並べて、裏で何してるか分からないような女ばっかりだったのに。こんなになんでもベラベラベラベラ、自分の負になるようなことだって平気で言う女なんて、ここ何年間か見たことある?」(同前)と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る