山本舞香は頼れる恋人 “酒断ち”してまで伊藤健太郎を支え

公開日: 更新日:

 昨年10月、道路交通法違反などの疑いで逮捕された伊藤健太郎(23)が不起訴処分となったことで、恋人の山本舞香(23)にも注目が集まっている。

 最新号の「女性自身」によれば、山本は家族や所属事務所の人たちから「彼とは別れなさい」と説得されていたものの、「仕事も恋愛も自分で決めます」と決別を拒否。さらにこの間、“酒断ち”までして伊藤を支援してきたそうだ。

 伊藤はあの接触事故によって、CMスポンサーやテレビ局などから総額7億5000万円に上る損害賠償請求をされていると報じられた。その伊藤から離れることなく、寄り添って生きていく決断をした山本は腹が据わった女性ともいえるだろう。

 そんな山本の実生活とオーバーラップするような連ドラが24日からスタートする。関ジャニ∞横山裕(39)が連ドラ初主演することでも話題の「コタローは1人暮らし」(テレビ朝日系)だ。準主演の山本は引きこもりの売れない漫画家(横山)と、そのアパートの隣の部屋に引っ越してきたワケあり5歳児(川原瑛都)と同じアパートに暮らすキャバクラ嬢“美月”を演じる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  9. 9

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る