細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年岡山市生まれ。鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。著書に「坂本龍馬はいなかった」(彩図社)、「ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか? 」(イースト新書)、「沢村忠に真空を飛ばせた男―昭和のプロモーター・野口修 評伝―」(新潮社)がある。メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」に執筆中。

戦時中、海外に駐留する日本軍の慰問興行から芸能プロに

公開日: 更新日:

 現代の芸能プロダクションは、非常に大まかに分けて5つの潮流に区分けされる。

①明治期の自由民権運動から勃興した演歌や、同時期に派生した浪花節(浪曲)をルーツとしたプロダクション。

②大正期以降に劇場経営を始め、劇場や寄席に出演させていた噺家や漫才師をそのまま所属させたプロダクション。

映画会社の専属俳優もしくは役者部を本社と切り離して立ち上げたプロダクション。

④戦時中、海外に駐留する日本軍を対象として行われた慰問興行から、歌手や一座のマネジメントを請け負うようになったプロダクション。

⑤戦後、米軍キャンプを回ったジャズマンが、そのまま自身の仕事の窓口として起業したプロダクション。

 本連載の主人公、野口修の実家である野口家が上海の日本租界で起業した野口興行部は④に該当する。ちなみに、戦後の日本芸能界に帝国を築いた渡辺プロダクションや、和田アキ子綾瀬はるか深田恭子ら人気芸能人を多数抱えるホリプロは⑤である。吉本興業は言うまでもなく②となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る