不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

公開日: 更新日:

 発売中の「週刊文春」「週刊新潮」の両誌では、事件に関して、夫のA氏が猛反論している。A氏の主張をまとめると、事件当日、口論の最中に「いい加減にしろ」と布団を引きはがした際に、手が顔に当たっただけで暴行の事実はないとして、日常的な暴力も完全否定。さらに背景には、熊田が出演する番組のプロデューサーX氏との不倫があったと主張している。

 新潮では、A氏が自宅に仕掛けておいたスマホに録音されていたという熊田と知人女性とのやりとりの音声データを再現。「(A氏に不倫を問い詰められて)マジ手が震えたもん」「絶対に2ショットは撮られてないとX氏は言っているので頼もしい」「夫は確実な証拠は掴んでいない」などと話す熊田の発言を掲載している。

■アダルトグッズをDNA鑑定


 さらにA氏は文春に、熊田がプロデュースするサマンサタバサのママバッグに「ウーマナイザー」というアダルトグッズを入れて持ち歩いていたと主張。A氏が問いただすと、熊田は自分で使用するためと言ったというが、医療関係の仕事をしているA氏は、このヘッド部分を自分のDNAが付着しないようにラップで包んだ上でDNA鑑定を依頼。その結果、女性の体液の他に「男性の精液の存在が確認された」という鑑定を得たという。これらにより、A氏は熊田の不倫に確信を持つに至ったという。ちなみに熊田サイドは、文春に対し、X氏との不倫関係やアダルトグッズを持って外出したことを否定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  10. 10

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

もっと見る