小室ママは息子と眞子さまの“NY生活に合流”で「教育の成果」を結実させるか

公開日: 更新日:

 秋篠宮家長女の眞子さまと婚約が内定している小室圭さんが、30日、留学先のニューヨークで就職すると報じられた。7月末に受験した司法試験の合否が判明するのは12月ということだが、3年間現地で学業に励んできた小室さんの合格は確実視されているという。

「小室さんの海外就職を最も喜んでいるのは、ほかでもない母親の佳代さんでしょう。小学校は私立に通わせ、中高でインターナショナルスクールに進学。大学は語学教育に強い国際基督教大学。そこでプリンセスと出会い射止めるという、佳代さんにとってこれ以上ない“できた息子”であるのは間違いありません」(女性週刊誌記者)

「週刊文春WOMAN」の密着取材で<息子は全部自分で決めてやるタイプなんです。中学でインターナショナルスクールに進学することも自分で決めました>と答えていた佳代さんだが、母子家庭である小室家が、息子の一存だけで年間の学費が200万円以上もするインターナショナルに通わせるのは難しいだろう。同誌ではさらに、<『マザコン』『教育ママ』だなんて書かれたりしましたよね。五十年以上生きてきて初めて言われました>と話すが、佳代さんは小室さんに幼稚園の時から“お母さま”と呼ばせていたりと、教育やしつけに並々ならぬ情熱を注いできたことがわかる。

祝福なきまま結婚に突き進むのか

「『ドイツでお菓子や料理の勉強をしたい』と語っていたように、もともと海外志向が強いのは佳代さんで、息子に自分の夢を託し、それが大きな果実となって結実しようとしているといえるでしょう。佳代さんは現在、自らの父親、つまり小室さんの祖父と同居しているため、すぐに眞子さまと小室さんのニューヨーク生活に合流することはないようですが、近い将来、日本を離れる可能性は高いと思われます」(前出・女性週刊誌記者)

 しかし、夢実現の前に超えなくてはいけない大きなハードルが、佳代さんに立ちはだかっている。

「2人の結婚を遅らせている大きな原因である、元婚約者との金銭トラブル自体がまだ解決していません。4月に28枚の文書を公表した後、小室さんは解決金の支払を提案しています。それに対して元婚約者はあくまでもその交渉相手は佳代さんであるとしていますが、いまだ解決金が支払われた形跡はなく、佳代さんが交渉から逃げ回っているという印象を持たれています」(皇室ジャーナリスト)

 小室さんの“将来設計”は着実に実現に近づきつつあるが、天皇陛下や秋篠宮さまが示された“多くの人からの祝福”とはほど遠く、今のところ状態が好転する兆しすらない。小室さんと眞子さまは多くの人を理解や祝福を得ないまま、結婚を強行するのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた