芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

森七菜の女優復帰はいつに? YOASOBIとのコラボ新曲発表で渦巻く賛否

公開日: 更新日:

 今年1月、突然所属事務所から独立し、「ソニー・ミュージックアーティスツ」とエージェント業務提携を結んだ森七菜(19)。その後、半ば“活動休止状態”が続いていた森は、今月20日に約1年ぶりとなる新曲「深海」を配信リリースした。作詞作曲・プロデュースしたのは、今若者の間で絶大な人気を誇る「YOASOBI」のコンポーザーとして知られるAyase(27)。作詞に関しては、森の現在の心境……思いが込められた構成になっているという。

 今回は新曲のプロモーションの一環として9日に森のレギュラー出演ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK! GIRLS LOCKS!」(TOKYO FM)でひと足早く流された。この「深海」に対するリスナーの反響は予想以上のものがあり、森とAyaseのコラボに大喜びするファンがいる一方、音楽性の高いAyaseと森のジョイントに困惑するファンもいた。実際、「深海」のオンエア直後からSNSには、〈森の魅力は元気一杯さだったのに、曲調はバラード……なんだか彼女の良さが半減されている〉〈Ayaseの良さが、曲の隅々まで行き届いているのに、森のアーティストの未熟さがそれを台無しにしている〉〈人気者同士のコラボは魅力だけど、森とAyaseは水と油〉〈森とAyaseの化学反応を楽しみにしていたけど、Ayaseの良さが完全に消されてしまっている〉といった声があふれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”