森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

公開日: 更新日:

 NHK朝の連続テレビ小説「エール」や連続ドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)などの好演で、オリコンが毎年年末に発表する「ブレイク女優ランキング」で2020年の1位に輝いたのは森七菜(19)。21年は同ランキングで3位だった上白石萌音(23)とトップを競うと誰もが予想していた。

「しかし、年明け早々、森の事務所独立騒動が浮上し、勢いが急失速しました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 1月14日に何の予告もなく前事務所のホームページから森のプロフィルが削除され、公式インスタグラムのアカウントも消えたことで独立騒動が表面化した。

 翌日には、ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)移籍が報じられたが、その後、SMAがエージェント業務提携を発表したことで、「森側の一方的移籍であり前事務所とは円満退社ではない。SMAは引き抜きという印象を持たれることを避けるため、契約ではなく業務提携という形を選んだ」という報道に落ち着いた。

「特に、キーパーソンとして浮上した森の母親に対するバッシングがひどかった。『森が自分を育ててくれた女性マネジャーではなくステージママである母親を選んだ』『母親が現場介入をして多くのトラブルを引き起こした』とか、どれも根拠のないものばかりですが、森の評判を落とすには十分でした。しかし、実際に森の母親に会ったことがあるという業界関係者に話を聞くと、『気さくでとても話しやすい感じのできるマネジャー』といった印象を抱いたそうです。裏話はどうであれ、森の女優としての将来性や才能は申し分ない。この一件がいつまでも尾を引かないことを願います」(弘世一紀氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    中村倫也&水卜アナ“新婚公開のろけ”が「ほっこり」から「さすがにくどい」に変わった瞬間

    中村倫也&水卜アナ“新婚公開のろけ”が「ほっこり」から「さすがにくどい」に変わった瞬間

  2. 2
    中日ロドリゲスが「亡命」で失う大金と平穏…メジャー移籍目指しすでにドミニカに入国

    中日ロドリゲスが「亡命」で失う大金と平穏…メジャー移籍目指しすでにドミニカに入国

  3. 3
    “奇跡の65歳”ピンク・レディー未唯mie 美貌の秘密は1日1食とノーパン生活

    “奇跡の65歳”ピンク・レディー未唯mie 美貌の秘密は1日1食とノーパン生活

  4. 4
    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

  5. 5
    FA大谷争奪にスター不在の「第4の金満球団」参戦か メッツ・ドジャース・エンゼルスの“三つ巴”に殴り込み!

    FA大谷争奪にスター不在の「第4の金満球団」参戦か メッツ・ドジャース・エンゼルスの“三つ巴”に殴り込み!

  1. 6
    ガーシー容疑者側が地元警察に「オカン」の警護要請 ガサ入れ痛烈批判の裏に見るツラの皮

    ガーシー容疑者側が地元警察に「オカン」の警護要請 ガサ入れ痛烈批判の裏に見るツラの皮

  2. 7
    元特捜部長レクサス暴走事故で“新証拠”(後編)解析画像を無視した東京高裁に「職務放棄」とあきれる

    元特捜部長レクサス暴走事故で“新証拠”(後編)解析画像を無視した東京高裁に「職務放棄」とあきれる

  3. 8
    氷川きよし“Kiina”正式改名と独立復帰を阻むもの…支えてくれた母へ故郷で親孝行の日々

    氷川きよし“Kiina”正式改名と独立復帰を阻むもの…支えてくれた母へ故郷で親孝行の日々

  4. 9
    大阪万博ピンチ! 新国立の“悪夢”再び、デザインが独創的過ぎて「主要会場」が造れない

    大阪万博ピンチ! 新国立の“悪夢”再び、デザインが独創的過ぎて「主要会場」が造れない

  5. 10
    平野紫耀はタッキー新会社に? キンプリ永瀬廉と高橋海人“2人体制”番組続々発表にファン動揺

    平野紫耀はタッキー新会社に? キンプリ永瀬廉と高橋海人“2人体制”番組続々発表にファン動揺