森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

公開日: 更新日:

 NHK朝の連続テレビ小説「エール」や連続ドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)などの好演で、オリコンが毎年年末に発表する「ブレイク女優ランキング」で2020年の1位に輝いたのは森七菜(19)。21年は同ランキングで3位だった上白石萌音(23)とトップを競うと誰もが予想していた。

「しかし、年明け早々、森の事務所独立騒動が浮上し、勢いが急失速しました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 1月14日に何の予告もなく前事務所のホームページから森のプロフィルが削除され、公式インスタグラムのアカウントも消えたことで独立騒動が表面化した。

 翌日には、ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)移籍が報じられたが、その後、SMAがエージェント業務提携を発表したことで、「森側の一方的移籍であり前事務所とは円満退社ではない。SMAは引き抜きという印象を持たれることを避けるため、契約ではなく業務提携という形を選んだ」という報道に落ち着いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  7. 7

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る