森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

公開日: 更新日:

 NHK朝の連続テレビ小説「エール」や連続ドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)などの好演で、オリコンが毎年年末に発表する「ブレイク女優ランキング」で2020年の1位に輝いたのは森七菜(19)。21年は同ランキングで3位だった上白石萌音(23)とトップを競うと誰もが予想していた。

「しかし、年明け早々、森の事務所独立騒動が浮上し、勢いが急失速しました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 1月14日に何の予告もなく前事務所のホームページから森のプロフィルが削除され、公式インスタグラムのアカウントも消えたことで独立騒動が表面化した。

 翌日には、ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)移籍が報じられたが、その後、SMAがエージェント業務提携を発表したことで、「森側の一方的移籍であり前事務所とは円満退社ではない。SMAは引き抜きという印象を持たれることを避けるため、契約ではなく業務提携という形を選んだ」という報道に落ち着いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る