森七菜の主演ドラマがフリーズ状態 抜けた穴を埋める女優

公開日: 更新日:

 前所属事務所「アーブル」から独立し、先月、「ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)」と業務提携を結んだ森七菜(19)。すい星のごとく現れ、前途洋々だった若手女優の勢いが急失速している。

 SixTONES松村北斗(25)とのダブル主演映画「ライアー×ライアー」が2月19日に公開されたため、先週まではテレビの露出が多かったが、現時点ではこれ以降の森のスケジュールが具体的に見えてこない。今後のスタッフの営業努力次第だが、しばらくの間は”開店休業“状態が続くこともあり得る。

 森は昨年の主演ドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)が好評のうちに終わり、ワンクールかツークール空けて再び、連続ドラマに主演すると囁かれていた。

日本テレビが遅くとも7月期を目標に”学園ものドラマ“で準備に動いていました。脚本と演出は森さんも出演した19年1月期のドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』のスタッフが担当すると言われていました。ところが、移籍騒動後、ドラマの企画はペンディングされています」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る