NHK桑子真帆アナ祝・結婚!“三股交際”暴露スキャンダルにも動じなかった強運と強心臓

公開日: 更新日:

 俳優の小澤征悦(47)が2日、レギュラー出演する「スッキリ」(日本テレビ系)でNHK桑子真帆アナ(34)との結婚を生報告した。小澤の父で、指揮者の小澤征爾の誕生日である9月1日に、都内の区役所に婚姻届を提出したという。同居はまだしていないというが、「2人で力を合わせて頑張っていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします」と結んだ。

「たびたびスキャンダルに見舞われた桑子アナもこれでやっと一段落するのではないか」と話すのはあるテレビ局関係者だ。

 桑子アナは、17年5月にフジテレビの谷岡真一アナ(34)と結婚したが18年6月にスピード離婚。結婚生活はわずか1年だった。一方の小澤は、女優の杏(35)やフリーアナウンサーの滝川クリステル(43)とも浮名を流した名うてのプレーボーイ。小澤とは20年4月に「お泊まりデート」が報じられ交際が発覚したが、結婚に至るかは不透明という見方も強かった。

学生時代の“奔放素顔”を暴露され…

 さらに20年末の「紅白歌合戦」の司会を務めた直後の21年2月には、学生時代に交際関係にあったという男性が「FLASH」で、桑子アナの学生時代の“奔放素顔”を語った。記事では、茶髪でショートカットの当時の桑子アナのプリクラ写真を掲載。学生時代は“チャラい音楽サークル”に所属し、周囲からはモテモテで、“三股交際”の状態にあったことなどを語っていた。

「しかし結局、NHKは学生時代の話は不問とし、桑子アナも局内で無視を決め込んでいました。小澤も昔の話と取り合わず、今回の結婚に結びついた。桑子アナは、局内では、スキャンダルにも動じない“強心臓”という評判だそうです」(前出のテレビ局関係者)

 20年4月からは、「おはよう日本」のメインを務め、NHKの朝の顔として活躍するほか、今回の東京オリンピックでは、閉会式の実況の大役も果たした。

「たびたびフリー転身説が取り沙汰される桑子アナですが、コロナ禍でテレビ業界が苦しくなっているなか、それはないでしょう。結婚でしばらくは局の仕事に専念するという見方が有力です」(前出のテレビ局関係者)

 度重なる“お騒がせ”にも動じない強運としぶとさでゴールインを掴んだ桑子アナに幸あれ、だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?