立川志の輔や上沼恵美子を“ポイ捨て”…大御所&老舗番組の打ち切りはテレビマンの怠慢

公開日: 更新日:

 16日、上沼恵美子(66)の「おしゃべりクッキング」(ABC、テレビ朝日系)が来春終了することが正式発表された。13日には「バイキングMORE」(フジテレビ系)の終了を坂上忍が、14日には「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)の降板をビートたけしが自ら明かし、ついに立川志の輔(67)の「ガッテン!」(NHK)も終了と、大御所&老舗名物番組の打ち切りが相次いでいる。

 テレビ局も制作費が逼迫し「ついに“ネコの首に鈴をつける”時が来た」と改革を喜ぶ声もある一方、「これで若者視聴者の“テレビ離れ”を食い止めることは無理」という厳しい声もある。

 同志社女子大学教授(メディア論)で、元テレビマンの影山貴彦氏はこう言う。

■“脱・惰性元年”のラストチャンス

「現在、起きている大御所降板はテレビ全般というより“バラエティー”界が努力を怠ってきた証し。たけしさんをはじめ、テレビが育てたタレントを起用し続けて作り手側が楽をして、貯金を使い果たした。青春時代の笑いのツボは心地いいし、無難なだけ。本当は高齢者だって若い人がキラキラ輝いているのを見たいもの。ジャニーズで例えたら、若者は、なにわ男子やジャニーズJr.などに“推し”を探しているのに“若い人は嵐が好きだろう”と思い込んでいるようなもの。作り手の感覚がこれなら周回どころか2周も3周も遅れている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う