恋愛要素だけじゃない…フジ月9「ミスなか」ファンがSNSで激怒するワケは?

公開日: 更新日:

 3月14日に放送されたドラマ「ミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)の第10話は、平均視聴率(世帯)12.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、これで10週連続2桁をキープ。ただ、視聴率こそ好調だが、回を重ねるごとに原作ファンや女性視聴者からは批判の声が相次いでいる。

 10話では、主人公の整(菅田将暉)が、ライカ(門脇麦)と元旦に初詣でに出かけていた。そこでおみくじを引いたり、たこ焼きを食べながら“デート”するところを年始のパトロールをしていた刑事の池本(尾上松也)と風呂光(伊藤沙莉)が見つけ、風呂光が動揺を見せた。また、ライカに別れを告げられて“ひとりぼっち”になった整に、風呂光が「私が友達になってあげます」と声をかけるシーンが描かれていたのだ。

 これにはツイッターで〈伊藤沙莉ちゃんを嫌いになりそうで怖いわ〉などと、風呂光を演じる伊藤にまで影響が及んでいる。しかし、ファンらが怒っているのは、単に恋愛要素を持ち込んだからだけではない。原作の風呂光は、「女だから」と警察の男社会で“雑用係”扱いされてきたの中で、地道に事件に向き合って存在感を見せていくキャラだからだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ