フジテレビ「70歳新社長」への期待と不安と“老害批判”…背後に日枝相談役の陰?

公開日: 更新日:

「『オールナイトフジ』に『夕やけニャンニャン』、とんねるず全盛の頃の人。それがどうして」と、首をかしげるのは芸能関係者だけでなく、フジテレビ局員もだ。

 フジテレビの新社長に内定したと報じられたのは、現在は共同テレビジョン社長の港浩一氏(70)。バラエティー畑でディレクターやプロデューサーを長くこなし、明石家さんまの番組に出演したり、とんねるず木梨憲武(60)が「小港さん」のキャラクターでモノマネをしていたことから、中高年世代には知られた存在ではある。

「物腰が柔らかく丁寧で、マスコミにもこまやかな心遣いをし、多くのタレントから信頼されている」と、港氏を知る関係者は口をそろえる。だが、社長としてはどうなのか。

■50代はリストラなのに

「フジ黄金期の立役者ではあります。しかしバラエティー班のトップだった2015年に系列制作会社の共同テレビ社長就任となったときは“片道切符”の左遷人事かと囁かれたもの。普通なら、そのままご苦労さまでしたとなるべきところ、本社復帰プラス社長就任とは言葉もない。50代の働き盛りの社員を早期退職でリストラした挙げ句、70代が社長就任ですから。戸惑う社員は多いし、日枝相談役(84)の影も見え隠れします」(フジテレビ局員)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  2. 2
    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

  3. 3
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  4. 4
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

  5. 5
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  1. 6
    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

  2. 7
    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

  3. 8
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  4. 9
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  5. 10
    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?

    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?