和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

公開日: 更新日:

 またも2人の"確執"が話題になっている。きっかけは4月末に石原さとみ(35)が第1子を出産したこと。それを同じ事務所の"大御所"である和田アキ子(72)が、自身が司会を務める『アッコにおまかせ』(TBS系)で、チクリとしたのだ。

「4月24日の番組内で石原さんの出産のニュースを取り上げ、出演者たちはお祝いムードだったのです。ですが、和田さんが『結婚した時は何回も電話をいただいて、"おめでとう"と言っていた。お子さんが生まれてからは一回もないね』とぼやいたのです。一瞬ピリッとした空気になったのですが、陣内智則さんが、『今、電話してますよ』となだめると、和田さんは『無理せんといてください。分かってますから』と笑っていましたが、ちょっと本心で言っていた感じでしたね」(女性誌記者)

 おめでたい話題なのに、事務所の後輩である石原に「挨拶がない」とこぼした和田に対し、ネット上などでは、《生放送で石原さとみへのとんでもないパワハラ》《この人何様のつもり??》など厳しい言葉が並んだ。

石原の婚約時も「綾瀬はるかとかかわいい子います」

 実は石原へ対しての発言で和田が炎上するのは初めてではない。20年に外資系金融マンと婚約したことがニュースになった際も、和田は「まだ結婚してないんですよ、結婚しますって言っただけで何でこんな大騒ぎなの?」「ホリプロほかにも綾瀬はるかとかかわいい子いっぱいいますよ」と、どこか石原の婚約にケチをつけるような口ぶりだった。

「昔から和田さんは石原さんのことを面白く思っていないところがあるんですよ」と明かすのはとある芸能プロ関係者。そこには事務所内の複雑な状況があるという。

「一つは和田さんが所属するのはホリプロ1部で、石原さんは女優さんたちがいる2部とはちょっと溝のようなものがあるんですよね。しかも、石原さんはホリプロの看板女優という以外にも、"宗教団体の顔"という一面もある。そんなところから、事務所内でも別格という感じなんでです。当然、"腫れ物"のように扱うところがあり、それを面白くないと感じている関係者も多いようです。そんな事務所内の雰囲気を和田さんも把握しているわけですから、石原さんのおめでたい話でも素直に喜べないのかもしれませんね」

 和田としては、大御所として損な役回りを買って出ているということか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外