上田晋也は今や日テレのお抱えMC テレビマンが絶賛する「鋭いツッコミの中の“遊び”」

公開日: 更新日:

 芸人で今一番のMCと呼び声高いのが、くりぃむしちゅー・上田晋也(52)である。

 2004年にスタートした「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)をはじめ、08年から「しゃべくり007」(同)、10年から「Going!Sports&News」(同)、今年4月からは「上田と女が吠える夜」(同)にレギュラー出演。今や日本テレビのお抱えMC的存在である。

 テレビマンたちが評価するのは上田の“猛獣使い”ぶりだ。

「世界一──」で共演する“大御所”堺正章(75)とは18年目。「Going!」ではプロアスリートからジャニーズ亀梨和也(36)まで容赦なくツッコみ、新番組「吠える夜」ではクセの強い女性タレントたちをまんべんなくいじるバランスの良さも評価が高い。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「お笑い芸人さんの中でMC力がダントツな理由は、鋭いツッコミの中に“遊び”があるから。男女平等やコンプライアンスなど出演者の扱いも難しくなってきた中で、ツッコミが鋭そうに見えて、実は誰も傷ついていない。島田紳助さんのように鋭いツッコミばかりだと出演者も身構えてしまうけれど、上田さんは自分の抜けているところも見せて、ツッコまれるのを待っている。見ている側も小気味よく、制作サイドとしても任せて安心で、期待値を超える結果を出してくれるから重宝されるわけです」

 上田の“天下”はまだまだ続きそうである。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント