井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

「トップガン・マーヴェリック」人気で国会議員は防衛費増額とか思うのかな

公開日: 更新日:

 喜怒哀楽の4パターンの表現が分かりやすい、トム・クルーズの映画「トップガン・マーヴェリック」がヒットしてる。実際に戦闘機に俳優を乗せ、本人が操縦したわけじゃないにしろ、実写の迫力がウケてるとか。ここんとこ、アメコミやアニメ、ウルトラマンだけでもっていた映画館にトムなら何でもOKのファン以外も集ってるようだ。ロシアのウクライナ侵略で若い兵士が日々、何百人と死んでる時だが、戦闘機のマッハの宙返りぐらいは、人畜無害で気晴らしになるのだろうが。

 ジェットコースターみたいな画面だろ? と若い仲間に聞くと、「これがツッコミどころ満載にしろ、今にもどこかで起こりそうな空中戦ですわ。遊園地やゲームじゃない、“戦争体感モノ”です。手に汗どころか、首の周りに脂汗が出ました」と。中身は単純で、どこかの専制独裁国家がウラン濃縮施設とやらを稼働させるので、戦闘機兵器学校(通称トップガン)の兵士と教官(トムの役)が、最新鋭戦闘機で超低空飛行の技を使って電磁波攻撃をかわし、レーザー誘導弾で施設をぶっ壊しに行く。ところが逆にミサイルを撃たれて命からがら逃げて、敵地の戦闘機を奪い、トップガン仲間の訓練成果に助けられて無事に逃げ帰るという、国防総省の協力に答えるオチになってるとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応