六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

公開日: 更新日:

六平直政さん(俳優・68歳)

 コワモテにドラ声、迫力満点の俳優・六平直政さん。超個性的なバイプレーヤーとして、最近では映画「太陽とボレロ」などで活躍している。そんな六平さんの俳優活動の原点は舞台。劇作家・唐十郎率いる劇団「状況劇場」だった。

  ◇  ◇  ◇

 オレは進学校の都立国立高校から武蔵野美術大学、同大学院に進んで彫刻を専攻する真面目な学生だった。ところが、当時、付き合っていた女の子が唐十郎の大ファンだっていうんで、「状況劇場」の芝居を一緒に見に行ったら、面白くてね。

 ある日、新聞に「状況劇場」の求人広告が出ていたので、舞台美術をやったらどうかなと思って応募したら合格。それから役者として舞台に立つようになって、ここまできたんだから人生わからない(笑)。

■唐さんはとにかくケチ

 でも、唐さんはとにかくケチ。オレは「状況劇場」に10年近く在籍したんだけど、その間にもらったお金は20万円もなかったんだから。

 文句を言いたくても唐さんは座長でこっちは下っ端。「嫌なら出てけ」と言われるだけだから何も言えなかった(笑)。

 仕方なく、ドブさらいから飲食店のボーイから何百種類ものアルバイトをしてしのいだわけだけど、それでも劇団を離れなかったのは唐さんの書く素晴らしい(台)本で芝居ができたから。それだけが理由だね。

 その唐さんと看板女優だった李麗仙さんの長男が、俳優で作家の大鶴義丹。劇団に入った時、オレは23歳で義丹はまだ9歳だったから、釣りに連れて行ったりしたよ。これは唐さんと3人で伊豆に行って、唐さんがオレと義丹を撮った写真。オレの髪もまだフサフサだった頃(笑)。この写真では海風に吹かれてクルクルしてるけど、オレの髪はもともとストレートなんだよ。

 義丹は頭がよくて本を理解する能力がすごい。それにオヤジを反面教師にしてケチじゃないから好きなんだ。ヤツが若い頃、やんちゃして六本木のバーの壁に穴を開けちゃったことがあって、オレがその穴を後で埋めるために行ったこともあったな(笑)。

 その坊やが今じゃ54歳で、オレと一緒に芝居してるんだから不思議だよな。6月に花園神社の境内に張ったテントで、唐さんが自身のことを書いた「下谷万年町物語」で共演したんだ。オレはオカマ役で、義丹はヤクザ役。そうそうたる俳優らが見に来たよ……豊川悦司寺島しのぶ、岸部一徳、宮沢りえ森田剛、波乃久里子、渡辺えり、せんだみつお、岸本加世子、余貴美子……チケットがなかなか取れなかったんだから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声