宮沢りえ「波瀾万丈51歳」の現在地 ほとばしる舞台への情熱…2004年の“気づき”がきっかけに

公開日: 更新日:

 宮沢りえ(51)がこのほどNHK「あさイチ」のトークコーナーに生出演し、舞台への熱意を語って話題だ。

 きっかけは2004年、野田秀樹氏演出の舞台「透明人間の蒸気」への出演。稽古から圧倒され、その後10年間、舞台の仕事はすべて受けると思い立ったのだという。

「このままではいけないという気づきをもらったんです。40歳という目標を立てて、それまでにちゃんと呼吸が舞台上でできる人になりたいという一心で」

 とにかく経験を積むのが一番と、野田氏や故・蜷川幸雄氏らの演出で舞台女優として、キャリアを積み重ねてきたそうだ。

「2013年の舞台『おのれナポレオン』で、軽度の心筋梗塞と診断された天海祐希さんに代わり、急きょヒロインを務められた姿がいまも強く印象に残っています」と芸能リポーターの小柳美江さんは言い、こう続けた。

「代役を引き受けた勇気、そしてわずか2日半の稽古で130ものセリフを完璧に覚えた女優魂は素晴らしかった。カーテンコールが鳴りやまず、観劇された方々にインタビューすると、全員が感動していて、目に涙を浮かべた人も少なくありませんでした。スタッフ、共演者も大絶賛で、劇場全体が興奮状態だったことを覚えています」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方