「7年越しの恋」を実らせた 武豊と佐野量子の出会い

公開日: 更新日:

「当時、武騎手には芸能人の友人がおらず、苦肉の策で佐野の名前を挙げた。番組中に電話で話したわけですが、2人が言葉を交わしたのはクイズ番組以来で1年半ぶりだったんです」(同)

 その後まもなく、雑誌でも対談。以降、2人は互いの自宅を行き来するようになる。

「笑っていいとも、雑誌の対談、どちらも武側からのアプローチ。最初は武の方が佐野にゾッコンだったということでしょう」(同)

 親密交際が世間に知れるのは92年1月、写真誌に2人の親密な姿が載ってから。前年12月中ごろ、東京・渋谷の佐野の自宅マンション近くで別れのキスを交わしているところを激写された。

 これが原因で2人は、おおっぴらには会えなくなったが、関係は密かに進行していた。会う回数は減ったものの、京都と東京の遠距離恋愛に電話が大きな役割を果たした。騎手の夏場の起床時間は午前4時。朝が苦手な武のために佐野は毎朝、モーニングコールをかけ続けたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る