• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国イケメンとの濡れ場をPRした内山麿我の“計算”

<愛ってなんだ? 愛するってどう言う事だ? 生きるってなんだ?>

 浜崎あゆみ(35)が10歳年下の医大生と手をつないでラブラブ帰国を果たす中、元カレは自問自答を繰り返していた。

 浜崎が婚約を発表した翌々日、元交際相手だったマロこと内山麿我(29)は自身のブログで今年1年を振り返るとともに、冒頭の文章をアップ。破局後に、ホームレス状態になっていたことにも触れ、「今年の始め、家がなくて寒くて辛かったのも良い思い出です。www」と回顧した。

「浜崎あゆみ」の名前こそ出していないものの、婚約のニュース直後というタイミング。そして次の書き込みを見てみると、「2014年に公開するから是非見てほしいよ!」と主演映画「東京~ここは、硝子の街」をしっかり宣伝。浜崎がマロを不憫に思ってタイミングを見計らってくれた……わけではないだろうが、マロはこれまでも「あゆに捨てられた男」という認識を最大限に利用して、「かわいそうな男」としてバラエティー番組にも出演してきた。破局に続いて、別の男との婚約ニュースにも便乗するとは、強いメンタルをお持ちのようだ。

 マロはバイセクシュアルの芸能プロダクション社長の役。主演のイケメン韓国人(JK)と男同士の濃厚な濡れ場を演じているんだとか。物語の鍵を握る大学教授のキャストは来年2月の発表だそう。浜崎の結婚(婚約破棄?)に合わせて再び宣伝にこぎつけられるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る