日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国イケメンとの濡れ場をPRした内山麿我の“計算”

<愛ってなんだ? 愛するってどう言う事だ? 生きるってなんだ?>

 浜崎あゆみ(35)が10歳年下の医大生と手をつないでラブラブ帰国を果たす中、元カレは自問自答を繰り返していた。

 浜崎が婚約を発表した翌々日、元交際相手だったマロこと内山麿我(29)は自身のブログで今年1年を振り返るとともに、冒頭の文章をアップ。破局後に、ホームレス状態になっていたことにも触れ、「今年の始め、家がなくて寒くて辛かったのも良い思い出です。www」と回顧した。

「浜崎あゆみ」の名前こそ出していないものの、婚約のニュース直後というタイミング。そして次の書き込みを見てみると、「2014年に公開するから是非見てほしいよ!」と主演映画「東京~ここは、硝子の街」をしっかり宣伝。浜崎がマロを不憫に思ってタイミングを見計らってくれた……わけではないだろうが、マロはこれまでも「あゆに捨てられた男」という認識を最大限に利用して、「かわいそうな男」としてバラエティー番組にも出演してきた。破局に続いて、別の男との婚約ニュースにも便乗するとは、強いメンタルをお持ちのようだ。

 マロはバイセクシュアルの芸能プロダクション社長の役。主演のイケメン韓国人(JK)と男同士の濃厚な濡れ場を演じているんだとか。物語の鍵を握る大学教授のキャストは来年2月の発表だそう。浜崎の結婚(婚約破棄?)に合わせて再び宣伝にこぎつけられるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事