• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国イケメンとの濡れ場をPRした内山麿我の“計算”

<愛ってなんだ? 愛するってどう言う事だ? 生きるってなんだ?>

 浜崎あゆみ(35)が10歳年下の医大生と手をつないでラブラブ帰国を果たす中、元カレは自問自答を繰り返していた。

 浜崎が婚約を発表した翌々日、元交際相手だったマロこと内山麿我(29)は自身のブログで今年1年を振り返るとともに、冒頭の文章をアップ。破局後に、ホームレス状態になっていたことにも触れ、「今年の始め、家がなくて寒くて辛かったのも良い思い出です。www」と回顧した。

「浜崎あゆみ」の名前こそ出していないものの、婚約のニュース直後というタイミング。そして次の書き込みを見てみると、「2014年に公開するから是非見てほしいよ!」と主演映画「東京~ここは、硝子の街」をしっかり宣伝。浜崎がマロを不憫に思ってタイミングを見計らってくれた……わけではないだろうが、マロはこれまでも「あゆに捨てられた男」という認識を最大限に利用して、「かわいそうな男」としてバラエティー番組にも出演してきた。破局に続いて、別の男との婚約ニュースにも便乗するとは、強いメンタルをお持ちのようだ。

 マロはバイセクシュアルの芸能プロダクション社長の役。主演のイケメン韓国人(JK)と男同士の濃厚な濡れ場を演じているんだとか。物語の鍵を握る大学教授のキャストは来年2月の発表だそう。浜崎の結婚(婚約破棄?)に合わせて再び宣伝にこぎつけられるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る