• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長谷川町子 尋ね人欄に新聞広告が出された遺骨盗難騒動

■1993年3月

戦後日本を代表する家庭漫画といえばサザエさん。

 現在もテレビアニメ版の放送が続く人気作品となっているが、93年3月、作者の長谷川町子さんの遺骨が盗まれるという仰天事件が起きた。

 長谷川さんは92年5月27日、東京の自宅で冠状動脈硬化症による心不全で72年の生涯を閉じた。しかし、生前、姉の毬子さんと「70歳を過ぎて体が悪くなったら入院しない。手術はしない。万が一の時は家族による密葬と納骨をすませるまでは公にしないでほしい」と約束をしていた。

 このため、納骨式が終わった6月30日に死去が公表されたが、この遺骨が事件を引き起こすとは、この時、誰も想像していなかった。

 翌93年3月25日、長谷川さんの遺族の元に「遺骨を盗んだ。返して欲しければ金を出せ。応じるなら新聞広告を出せ」というワープロ打ちの脅迫状が骨壺の写真とともに届いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る