• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長谷川町子 尋ね人欄に新聞広告が出された遺骨盗難騒動

■1993年3月

戦後日本を代表する家庭漫画といえばサザエさん。

 現在もテレビアニメ版の放送が続く人気作品となっているが、93年3月、作者の長谷川町子さんの遺骨が盗まれるという仰天事件が起きた。

 長谷川さんは92年5月27日、東京の自宅で冠状動脈硬化症による心不全で72年の生涯を閉じた。しかし、生前、姉の毬子さんと「70歳を過ぎて体が悪くなったら入院しない。手術はしない。万が一の時は家族による密葬と納骨をすませるまでは公にしないでほしい」と約束をしていた。

 このため、納骨式が終わった6月30日に死去が公表されたが、この遺骨が事件を引き起こすとは、この時、誰も想像していなかった。

 翌93年3月25日、長谷川さんの遺族の元に「遺骨を盗んだ。返して欲しければ金を出せ。応じるなら新聞広告を出せ」というワープロ打ちの脅迫状が骨壺の写真とともに届いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る