長谷川町子 尋ね人欄に新聞広告が出された遺骨盗難騒動

公開日:  更新日:

 今度は振込先の銀行口座が指定され、翌日必ず振り込むように、と具体的な指示が書かれていた。

■遺骨は2週間後に戻ってきたが、犯人逮捕ならず

 当初、毬子さんは要求通り、お金を払うつもりだったともいわれているが、警察の説得に応じて4月1日に被害届を出した。3日、警察は都内5カ所の銀行ATMに張り込んだ。しかし、犯人からの動きはなかった。また、実際に金が振り込まれたかどうかについて、捜査当局は明らかにしなかった。

 5日朝、毬子さんの元に速達が届き、中には「JR渋谷駅山手線ホームコインロッカーに安置してあります」とワープロで書かれた便箋とコインロッカーの鍵が入っていた。知らせを受けた捜査1課と玉川署員が駆け付け、黒いビニール袋に包まれた骨壷を発見。遺骨は2週間ぶりに遺族の元に戻った。

 実はこの事件直前の2月16日には元最上恒産会長の早坂太吉さんの亡妻の遺骨が盗まれ、300万円が要求されるという別の遺骨盗難事件も起きていた。この時も新聞広告掲載が指示され、早坂さんは結局、300万円を振り込んでいた。警察はこの事件も合わせて捜査を続けたが、結局、犯人は捕まらなかった。

◇1993年3月 3日、江夏豊が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕。6日、金丸信が脱税容疑で逮捕。18日、新幹線「のぞみ」が山陽新幹線に乗り入れ。25日、長野自動車道全線開通。日本初のイージス艦こんごうが就役。27日、江沢民が中国の国家主席に就任。31日、福岡ドームが完成。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る