過激なセリフ満載 東風万智子が昼ドラでみせる“聴覚”エロス

公開日: 更新日:

 女優・東風万智子(34)は知らなくても、「真中瞳」だったらピンと来るはず。06年に芸能活動を休止し、09年の復帰を機に真中から東風へ改名した彼女が再ブレークの兆しである。3月末にスタートしたドラマ「聖母・聖美物語」(月曜~金曜13時半、フジテレビ系)で10年ぶりに連ドラ主演。突き抜けた演技が注目を集めているのだ。

 制作は東海テレビで同局十八番のドロドロ愛憎劇。母子家庭で育った聖美(東風)が病院長と結婚して玉の輿に乗ったものの、“不妊妻”だったことが発覚。腹にいちもつアリの義弟の産婦人科医の診断を受け、不妊治療に取り組む様子が描かれるのだが、エロくて卑猥なセリフがてんこ盛り。「妊娠出産は女が主役。カマキリがいい例だ」や「赤ちゃんが授かれるのなら、(内診)台の上でいくらでも足を広げてやるわよ」なんてのは序の口で、「押し込んで解き放ったらいいのよ、鬱憤を。その一撃であたしに子供を授けてくれるのなら。あたしにとってセックスとはそういうもの」などなど…。真っ昼間から官能小説のようなセリフの応酬なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る