日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過激なセリフ満載 東風万智子が昼ドラでみせる“聴覚”エロス

 女優・東風万智子(34)は知らなくても、「真中瞳」だったらピンと来るはず。06年に芸能活動を休止し、09年の復帰を機に真中から東風へ改名した彼女が再ブレークの兆しである。3月末にスタートしたドラマ「聖母・聖美物語」(月曜~金曜13時半、フジテレビ系)で10年ぶりに連ドラ主演。突き抜けた演技が注目を集めているのだ。

 制作は東海テレビで同局十八番のドロドロ愛憎劇。母子家庭で育った聖美(東風)が病院長と結婚して玉の輿に乗ったものの、“不妊妻”だったことが発覚。腹にいちもつアリの義弟の産婦人科医の診断を受け、不妊治療に取り組む様子が描かれるのだが、エロくて卑猥なセリフがてんこ盛り。「妊娠出産は女が主役。カマキリがいい例だ」や「赤ちゃんが授かれるのなら、(内診)台の上でいくらでも足を広げてやるわよ」なんてのは序の口で、「押し込んで解き放ったらいいのよ、鬱憤を。その一撃であたしに子供を授けてくれるのなら。あたしにとってセックスとはそういうもの」などなど…。真っ昼間から官能小説のようなセリフの応酬なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事