日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浅草ロック座の“女神”だった平松ケイは後輩を振り付け指導

 AV女優を引退してストリップへ。これが業界の一般的なルートだろう。ところが、この人は違った。AVデビューして人気沸騰している、まさにその時にストリップの舞台に上がり、ファンの喝采を浴びたのだ。ストリップファンから“女神”と崇められた平松ケイさんだ。浅草ロック座専属ストリッパーとして、去年12月末まで舞台で妖しく踊っていた。今どうしているのか。

「お待たせ~」

 東京・銀座は並木通り沿いの飲食店ビル7階にあるAVキャバクラ「銀座 遊里」のボックスシートで待っていると、約束の時間に15分遅れでケイさんが駆け込んできた。

「ごめんなさい。ストリップは引退したんだけど、振り付けの仕事をしてて、レッスンが“押し”ちゃったの。すぐお着替えするから、もう少し待っててね」

 10分後、妖艶な黒のドレス姿のケイさんが。途端に周囲に華やかなバラの香りが漂った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事