「自分の手で摩擦なんて」 奥田瑛二がトークショーでエロ持論

公開日:  更新日:

 主演の奥田瑛二(65)が、現役大学生らを前に「エロ」についてアツ~イ持論を展開した。

 8日に行われた映画「赤い玉、」(9月12日公開、高橋伴明監督)トークイベントでのこと。同映画は、奥田演じる大学で教壇に立つ落ち目の映画監督が老いと性に葛藤する様子を描き……とまあ、全編を通して、見る者の期待を裏切らない大胆な濡れ場や性描写がてんこ盛りだ。

 そんなストーリーに絡めて、この日の奥田は目白大学(東京・新宿区)の学生を前に、「草食男子ではなく、オスにならなきゃダメ」「生きるということはすべて摩擦で成り立っている。女性とセックスしないで自分の手で摩擦して満足してどうするのか」などと嘆いていた。

 イベントには高橋監督と山田五郎も参加した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る