• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菜々緒、長谷川潤も…谷間の次は「お尻写真」がブームの兆し

 女性芸能人たちが「いいね!」獲得のためにしのぎを削っているSNS上のセクシー写真。これまで胸の谷間を競って公開し合うなど過当競争になっているが、新たなブームとして「お尻を強調した写真」が増殖中だ。

 AKB48の小嶋陽菜(27)は11日、週刊誌グラビアのオフショットでお尻を突き出したポーズの写真を公開。小嶋はファンの間で「マシュマロヒップ」と呼ばれる美尻の持ち主で、<おしりがいいっっ><お尻に顔を埋めたい>など歓喜の声が上がった。

 前日にはモデルで女優の菜々緒(26)が、やはりお尻の写真をインスタグラムに投稿。プールサイドに置かれたデッキチェアに座り、ボリューム感たっぷりのヒップを強調。画像には<身体が細いのにグラマラス>など興奮の声が寄せられた。

 モデルの長谷川潤(29)も5日、プールサイドに手をかけ、お尻を突き出した写真をインスタグラムにアップ。遠目ながら、黒い水着に包まれた大きなヒップが印象的だ。先月はモデルでタレントのダレノガレ明美(25)がグラビア撮影のオフショットお尻写真をツイッターに掲載。<ひきしまったヒップいいです>などと称賛された。

 彼女たち“お尻自慢”タレントに共通しているのは、体は細いが豊かなヒップの持ち主であること。ギャップがさらなるセクシーさを生み出すようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る