ダレノガレ明美だけじゃない 芸能界は「元キャバ嬢」だらけ

公開日:  更新日:

 キャバクラ勤めの過去が話題になったダレノガレ明美(24)。10代の頃から六本木の高級クラブで働き、モデルデビューする12年まで新宿や六本木のキャバクラを転々としていたという。ダレノガレは、1日にこれを報じた「フライデー」を“先回り”するかのように先月28日の深夜、「ツイッター」で突然「胸に違和感、シコリがある方すぐに病院に行ってください。私も20歳の頃胸にシコリが出てきて病院で検査してもらい悪性ではなかったのですが取り除く手術をしました」「私も昼の仕事と夜掛け持ちしながら手術費を貯めてました」と告白。“夜の仕事”は手術費を稼ぐためだと説明した。

 ダレノガレの所属事務所も6日に「弊社が本人から確認している事実とは大きく異なる部分が多々ございます」と反論。訴訟も辞さない構えだ。

 もっとも、夜のバイトをやっていた芸能人はいっぱいいる。「ホステス時代に客として来ていた社長や幹部にスカウトされた」なんてタレントも珍しくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る