日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

痛々しい欲求激白…小林麻耶は仕事も婚活もイチから出直し

 元TBSの小林麻耶(35)が元日にアップしたブログで“婚活終結宣言”したことに話題が集まっている。

 ブログで小林は「これまで結婚というものに囚われすぎていた」「(結婚については)かれこれ4年は悩んだり、落ち込んだり泣いたり、自分を責めたり、正直、焦ったこともありました」と、自らの痛々しいまでの“婚欲”を告白したうえで、「『結婚相手』を探すのではなく『愛する人』と出逢い、その結果、結婚がある・か・も・しれない」という結論に至ったと書かれている。

「ネタで結婚したいと言い続けているタレントさんはたくさんいますが、彼女の場合は本当のガチ。痛すぎて恋愛トークバラエティーから声がかかる機会も減ってきていました」(テレビ関係者)

 実際、小林の仕事は減っている。金曜レギュラーの「バイキング」(フジテレビ系)は3月降板も囁かれ、地味に続けていたNHK「テレビでロシア語」もメンバー入れ替えで降板。かつての人気アナも、ついに地上波のレギュラーがゼロになってしまいそうなのだ。焦りもあるのか、12日放送のバラエティー番組「痛快TVスカッとジャパン」(フジ系)では、ついに再現ドラマ女優にも初挑戦したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事