料理酒を水で割って寂しさを…祥子が語る「下積み時代」

公開日: 更新日:

 高校を卒業後、保育士の勉強をしていたときにスカウトしてもらい、地元のTV番組でリポーターをしていたんです。それで温泉とか、お土産屋さんを回っているうちにその気になったといいますか、芸能のお仕事をするならば東京に行くしかないと思ったんです。両親を驚かせ、反対はされないまでも、「だったら自分だけの力でやりなさい」って言われてました。

■幼少期からお酒の匂いに憧れ

 お酒に関しては、祖父が商店街の自販機でワンカップを買って、昼間っから酔っぱらっているような人で、その血をひいたのかもしれません。小さいころからお酒の匂いが好きでしたし、酔っぱらいってかっこいいなと思ってました。成人式で飲み会をしたとき、女性はカシスオレンジとかカルアミルクを頼むものだと思って飲んでいたら、友だちから「似合わない」と言われ、芋焼酎を口にしたら、すぐとりこに! 酔うと体が横揺れになり、ちょっと極端というか、勧め上手といいますか、相手の方をベロベロにさせてしまうことが少なくありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る