下戸が結婚をきっかけに 渡辺裕之さん語る「お酒と原日出子」

公開日:  更新日:

 思春期を迎えた頃は鼓笛隊とボーイスカウトに目いっぱい時間を費やしていました。チームで何かを成し遂げることの大切さを今も実感しますが、そういうDNAはその頃から培われたものだと思います。鼓笛隊の一員だった少年はやがてドラムと出合い、今は趣味を超え、プロとして演奏するまでになりましたが、その思春期に同時に夢中になったのが映画です。

 とくにハリウッド映画が大好きで、「カサブランカ」のハンフリー・ボガートや、「ゴッドファーザー」のアル・パチーノは僕の憧れ。その時は今こうして彼らと同じ仕事に就くことなど、つゆほども思っていなかった……。彼らが酒を片手にニヒリズムの極致を演じるシーンにはもう憧れを超えて嫉妬ですよ(笑い)。

 なぜかって、僕はもともと酒がほとんど飲めなかった。学生の時に友達とビアガーデンに行って、みんなに担がれて帰ってきて、わけがわからなくなった思い出すらあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る