下戸が結婚をきっかけに 渡辺裕之さん語る「お酒と原日出子」

公開日:  更新日:

 思春期を迎えた頃は鼓笛隊とボーイスカウトに目いっぱい時間を費やしていました。チームで何かを成し遂げることの大切さを今も実感しますが、そういうDNAはその頃から培われたものだと思います。鼓笛隊の一員だった少年はやがてドラムと出合い、今は趣味を超え、プロとして演奏するまでになりましたが、その思春期に同時に夢中になったのが映画です。

 とくにハリウッド映画が大好きで、「カサブランカ」のハンフリー・ボガートや、「ゴッドファーザー」のアル・パチーノは僕の憧れ。その時は今こうして彼らと同じ仕事に就くことなど、つゆほども思っていなかった……。彼らが酒を片手にニヒリズムの極致を演じるシーンにはもう憧れを超えて嫉妬ですよ(笑い)。

 なぜかって、僕はもともと酒がほとんど飲めなかった。学生の時に友達とビアガーデンに行って、みんなに担がれて帰ってきて、わけがわからなくなった思い出すらあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る