周囲もア然…東てる美さんは酔うと別人格「キャサリン」に

公開日: 更新日:

 ドラマ、映画などで活躍している東てる美さん(59)は、飲んだらますます色っぽくなる和風美人のイメージだが、お酒の味を知ったのは遅かった。しかし、その味をいったん覚えてからは意外?な展開に……。

 ◇  ◇  ◇

 私の両親は、父親がお酒が強くて母親がまったく飲めなかったんです。私は飲むと心臓がドキドキしてしまうから母親に似たのかと思っていました。乾杯でも口をつける程度で、飲むと気持ち悪くなって、すぐ眠くなってどこででも寝ちゃうし。

 だから、飲み始めたのは遅くて、37歳から。きっかけはMBSの昼ドラ「婚姻関係」で主役をやった時です。ずっと大阪のホテル住まいで、朝7時くらいから夜中12時くらいまで出ずっぱりの毎日。部屋に帰ってきてもテンションは上がったまま。それからお風呂に入って、翌日のセリフをチェックしたりしているうちに、ますます眠れなくなって、睡眠導入剤を飲んだりしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る