• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周囲もア然…東てる美さんは酔うと別人格「キャサリン」に

 ドラマ、映画などで活躍している東てる美さん(59)は、飲んだらますます色っぽくなる和風美人のイメージだが、お酒の味を知ったのは遅かった。しかし、その味をいったん覚えてからは意外?な展開に……。

 ◇  ◇  ◇

 私の両親は、父親がお酒が強くて母親がまったく飲めなかったんです。私は飲むと心臓がドキドキしてしまうから母親に似たのかと思っていました。乾杯でも口をつける程度で、飲むと気持ち悪くなって、すぐ眠くなってどこででも寝ちゃうし。

 だから、飲み始めたのは遅くて、37歳から。きっかけはMBSの昼ドラ「婚姻関係」で主役をやった時です。ずっと大阪のホテル住まいで、朝7時くらいから夜中12時くらいまで出ずっぱりの毎日。部屋に帰ってきてもテンションは上がったまま。それからお風呂に入って、翌日のセリフをチェックしたりしているうちに、ますます眠れなくなって、睡眠導入剤を飲んだりしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る