周囲もア然…東てる美さんは酔うと別人格「キャサリン」に

公開日:  更新日:

 ドラマ、映画などで活躍している東てる美さん(59)は、飲んだらますます色っぽくなる和風美人のイメージだが、お酒の味を知ったのは遅かった。しかし、その味をいったん覚えてからは意外?な展開に……。

 ◇  ◇  ◇

 私の両親は、父親がお酒が強くて母親がまったく飲めなかったんです。私は飲むと心臓がドキドキしてしまうから母親に似たのかと思っていました。乾杯でも口をつける程度で、飲むと気持ち悪くなって、すぐ眠くなってどこででも寝ちゃうし。

 だから、飲み始めたのは遅くて、37歳から。きっかけはMBSの昼ドラ「婚姻関係」で主役をやった時です。ずっと大阪のホテル住まいで、朝7時くらいから夜中12時くらいまで出ずっぱりの毎日。部屋に帰ってきてもテンションは上がったまま。それからお風呂に入って、翌日のセリフをチェックしたりしているうちに、ますます眠れなくなって、睡眠導入剤を飲んだりしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る