日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

料理酒を水で割って寂しさを…祥子が語る「下積み時代」

 気がつけば朝になり、夜明けのまぶしさに目を細めた経験は、酒飲みなら何度かあるはず。酒は、いつも楽しく、うまいわけじゃない。TVのバラエティーなどで人気急上昇中の「謎の美女」こと祥子(30)にもあった。熊本から23歳で上京、舞台女優を目指したものの、鳴かず飛ばずで……。

 ◇  ◇  ◇

 朝は喫茶店、日中はコンビニ、夜は居酒屋でアルバイトして、西武新宿線の下井草に家賃6万円で間借りしていた木造アパートの6畳一間に帰った晩のことでした。明日も早くから仕事だし、早く寝なければならないのに、疲れすぎて神経が高ぶっていたのか、眠れない。お酒を買う余裕もなかったので、料理酒を飲み始めたんです。そのままではおいしくないし、すぐ終わっちゃうから、水道のお水で割って。

 もう、実家に帰ろうかと思ってました。宮沢りえさんや深津絵里さんに憧れて、舞台に立ちながら、芸能界で生きていく道を考えていたのですけど、ただ生きていくだけで精いっぱい。ひどいときはご飯にふりかけだけという生活で、中野で先輩たちとの飲み会に誘っていただいたときも、集合場所まで歩いて行って、おごってもらえるのがうれしくて酔っぱらい、バス停で目覚めたりしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事