料理酒を水で割って寂しさを…祥子が語る「下積み時代」

公開日: 更新日:

 気がつけば朝になり、夜明けのまぶしさに目を細めた経験は、酒飲みなら何度かあるはず。酒は、いつも楽しく、うまいわけじゃない。TVのバラエティーなどで人気急上昇中の「謎の美女」こと祥子(30)にもあった。熊本から23歳で上京、舞台女優を目指したものの、鳴かず飛ばずで……。

 ◇  ◇  ◇

 朝は喫茶店、日中はコンビニ、夜は居酒屋でアルバイトして、西武新宿線の下井草に家賃6万円で間借りしていた木造アパートの6畳一間に帰った晩のことでした。明日も早くから仕事だし、早く寝なければならないのに、疲れすぎて神経が高ぶっていたのか、眠れない。お酒を買う余裕もなかったので、料理酒を飲み始めたんです。そのままではおいしくないし、すぐ終わっちゃうから、水道のお水で割って。

 もう、実家に帰ろうかと思ってました。宮沢りえさんや深津絵里さんに憧れて、舞台に立ちながら、芸能界で生きていく道を考えていたのですけど、ただ生きていくだけで精いっぱい。ひどいときはご飯にふりかけだけという生活で、中野で先輩たちとの飲み会に誘っていただいたときも、集合場所まで歩いて行って、おごってもらえるのがうれしくて酔っぱらい、バス停で目覚めたりしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る