グラドル片山萌美がヌード語る「邪魔だった胸が強みに」

公開日:  更新日:

 身長170センチ、Gカップとマンガのような完璧ボディーで人気急上昇なのが、片山萌美(26)だ。5日に発売した写真集「Rashin裸芯」(講談社)は、予約で初版完売、すでに3刷と絶好調。撮影したアンディ・チャオ氏は「美しい肢体から醸し出すエロチックと内面の無邪気さ、一本気が魅力」と語る。今イチバン輝いている彼女を直撃した。

「大学2年のとき、モデルや女優に憧れて、ワタナベエンターテイメントカレッジに入学したのが芸能界入りのきっかけです。その後、『ミス日本・ネイチャー』を受賞して、ミスを卒業した際、ウチの女性マネジャーから『片山は恵まれた体を持っているんだから、まずはグラビアで知ってもらうのはどう?』と提案されて。ヌードには躊躇しませんでしたね。むしろ、『え、そこにフィーチャーするんだぁ……』っていう気持ちでした。学生時代から胸が邪魔で、モデルとしては服も着こなせないし、私にとってはマイナスでしかなかった。それがグラビアのおかげで胸が強みになって、ポジティブになれたことはうれしいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る