愛人にしたいグラドル森咲智美「家庭を壊さない程度に」

公開日: 更新日:

 昨年3月までアイドルグループで活動していたが、現在はグラビアアイドルとして活躍中の森咲智美(24)が、6枚目となるDVD「L’Amant―ラ・マン―」(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを4日、秋葉原のソフマップアミューズメント館で行った。「愛人にしたいグラドルナンバーワン」というキャッチフレーズで注目を浴び、新作の内容もタイトルの通り愛人がテーマ。

「作品では恒例の目隠しをして氷を体中に這わせるシーンがあります。意外とこのプレー悪くないですよ。最近ですけど私にMっ気があることも発覚したので、こういうプレーは進んでやりたいです。もし芸能人でやってくれるのなら明石家さんまさんみたいにガツガツ来る方や有吉弘行さんのように毒舌で責めてくるような人にお願いしたいですね」と語った。

「愛人願望はありますね。でも相手には家族があるので、家族を壊さない程度に私は2番手のポジションでいければと思います」とアピールした森咲。愛人をキーワードに売れっ子になったタレントといえば橋本マナミがいるが強力ライバル登場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る