本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

抜擢したカメラマンたちは村西とおるの“サンドバッグ軍団”

公開日: 更新日:

 野田義治が経営していたイエローキャブ唯一の所属タレント、堀江しのぶがスキルス性胃がんで余命2カ月と宣告された。毎月300万円という高額の医療費や生活費が野田のもとにのしかかってくる。野田は営業で飛び込んだ村西とおるのもとで、パワースポーツというレーベルから発売される芸能人イメージビデオのプロデューサーとして村西とおるから医療費や生活費に見合う額を得るようになった。

 だが村西からの要望も過酷なものだった。

 吉永小百合松田聖子宮沢りえクラスを口説き落としてこい、というのだ。しかもAVのようなからみはないものの、それに匹敵するだけのセクシーな映像を要求してきたのである。

 テレビ局のカメラマンに仕事を発注したものの、彼らは技術はあってもプライドが高く、村西が望むセクシーな映像を撮ることが苦手だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    虎糸井もはや不良債権 去就はドラフトでの近大・佐藤次第

もっと見る