本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

満面の笑みで自己紹介「わたくし、村西とおると申します」

公開日: 更新日:

 1988年初春、野田義治は斉藤慶子主演「採光の個室」発売元のパワースポーツが入っている四谷の高級マンションを訪れた。

 堀江しのぶもこのメーカーからプロモーションビデオを発売してもらうのが目的だ。

 しばらくすると、メーカーのプロデューサーという男が登場した。顔も声もデカい男だ。

「おお、堀江しのぶちゃんのマネジャー!? ナイスですね。わたくし、村西とおると申します」

 男は満面に笑みを浮かべながら、自己紹介しだした。新興AVメーカー、クリスタル映像の社員監督であり、同メーカーの別のセクション、芸能人のプロモーションビデオを発売している「パワースポーツ」のプロデューサーだという。

 野田義治はAVを見たこともなかったが、最近話題になっている目の前の人物の名前くらいは耳にしていた。1986年10月、横浜国大生・黒木香が主演した「SMぽいの好き」は、インテリの女子大生が監督の村西とおるとの肉交で見せる凄絶な快楽の宴に評判が集まり、歴史的名作と呼ばれ、黒木香は一躍時の人になった。みずから撮影・監督・男優を務める村西とおるは、「ナイスですね」「ファンタスティック」「ダイナミック」といった死語に近い英語を発し、それが笑いを誘発し、世紀末日本に登場したトリックスターのような存在になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る