本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

返品された雑誌のアンケートはがきに自分で「堀江しのぶ」

公開日: 更新日:

 零細プロダクションだったイエローキャブ代表・野田義治は大手プロダクションと互角に戦うために知略を巡らせた。

 堀江しのぶしかいない弱小プロダクションだから、カネがかからない戦いでなければならない。正規戦ではなくゲリラ戦を! 編集者たちに堀江しのぶ人気の凄さを思い知らせる作戦を考えてみた。

 ある日、駅の売店できょう発売の週刊誌をチェックした。

 昔から雑誌好きで本の匂いが好きだった野田義治は若いころ雑誌の取次店でアルバイトをしていた。雑誌や新聞は、発行元から店頭に並ぶ途中、取次店という流通業者によって全国に配送されていく。取次業は雨の日も風の日も雪の日も嵐の日も全国津々浦々の書店、キオスクに雑誌・新聞を運び、一律の定価で全国ほぼ発売日同日に購入できる、日本人の知的レベルを高度に保つ縁の下の支えである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る