本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

しのぶの病気を聞いた村西とおるは「わかった」と一言だけ

公開日: 更新日:

 野田義治が発掘し育て上げた堀江しのぶは、人の心を癒やす笑顔と顔立ちからは想像もつかない豊満な胸が相乗効果を上げ、グラビアやテレビで彼女の姿を見ない日はないほどだった。

 その堀江しのぶが人気の頂点に立った1988年4月、スキルス性胃がんが発覚、医師から余命2カ月の宣告を受けた。野田は高額の医療費を堀江しのぶの両親に負担させず、みずから背負い込んだ。毎月300万円の支出が野田にのし掛かる。

 四谷から目黒区青葉台に事務所を移した村西とおるの元を訪れた。

「(堀江)しのぶが病気なんだ」

「どうした?」

「ものすごくカネがかかる病気なんだ。稼ぎたいんだ。仕事やらせてくれないか」

「わかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    虎糸井もはや不良債権 去就はドラフトでの近大・佐藤次第

もっと見る