本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

バブル全盛期…即金主義のAV業界を横目に自身の道を歩んだ

公開日: 更新日:

「僕があのころやってきたことは、AVが反面教師だったから。そっち(AV)の人たちの印象が残っているんです」

 野田義治はいまでもあのころの異様な熱気を記憶している。

 バブル期、野田義治はイエローキャブというプロダクションを率いて、堀江しのぶ、かとうれいこ、細川ふみえといった魅惑的なタレントを発掘してきた。

 堀江しのぶがスキルス性胃がんで亡くなり、人気のある所属タレントがまだいなかったころ、野田は“AVの帝王”の異名を持つ村西とおるのもとで芸能人のイメージビデオの制作プロデューサーとして糊口をしのいでいた。

 野田がプロデューサーとして働いていたパワースポーツは、村西とおるのダイヤモンド映像と同じ目黒区青葉台の瀟洒な白亜のビルにあった。

 そこは24時間365日、不夜城だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る