本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

複数の女性たちをどう扱うか これはもう永遠のテーマです

公開日: 更新日:

 2階で田中露央沙と桃瀬くららがもめていた。そのうち怒鳴り合いになった。

 助監督だった本牧三郎太が証言する。

「桃瀬くららも卑弥呼ばりにわがままでしたから。(田中)露央沙はそういうのを認めないし、お互い気が強いからもめたんじゃないですか。ふたりの間に入った村西監督は、なんとかしようとして困り切った顔で、“おれの言うことみんな聞いてくれないんだよ。八木ー、もうダメだ。おれの力でもなんにもならないんだ。ちきしょう”って嘘泣きしてるんです(笑い)」

 ダイヤモンド映像グループが入っている代々木上原の洋館には、専属女優たちが常に出入りしていた。

 出演スケジュールもギャラも写真集、他の仕事もすべて村西とおるが取り仕切る。専属女優たちにとって、村西とおるからの寵愛こそがすべてだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る