本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

村西帝国は崩壊 北公次再生プロジェクトは大失敗に終わる

公開日: 更新日:

 村西とおるは引っ張り出してきた元フォーリーブスの北公次を説得して半生記を書かせた。

「光GENJIヘ」(写真)というその書は衝撃的な過去がつづられていた。

 修業時代の北公次はジャニー喜多川社長と同居し、芸名の「北」は、ジャニー喜多川の「喜多」をもらったものだった。

 ジャニー喜多川社長との深い交際関係に興味が集中し、北公次衝撃の自叙伝はたちまちベストセラーになった。

 希代のエンターテイナー、村西とおるはいつしか復讐を忘れ、忘れ去られた元アイドルをもう一度復活させようと、北公次再生プロジェクトをたくらむ。それが北公次マジシャン計画だった。

 ところが、当の北公次はあくまでミュージシャンとして復活したいと村西とおるのもとを離れて、ライブ活動をおこなうようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る