本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

ラジオから流れたの野田の声で村西は自殺を思いとどまった

公開日: 更新日:

 50億円の借金返済に疲れ切った村西とおるは、六本木通りを車で走り、このままガードレールに激突させて自爆死を遂げようとした。

 猛スピードを出しかけたが、ぎりぎりのところで思いとどまり、路肩に車を止めた。

 頭上の首都高から不気味な重奏低音が響いてくる。生きる気力も奪われ、ハンドルに顔をうずめたまま、肩で息をする。

 そのときだった。

 つけっぱなしのカーラジオからいつかどこかで聞いた懐かしい男の声がした。低音の渋い声だ。

「僕がいまあるのはね、村西監督のおかげなんだよ」

 あの男だ。

 野田義治の声だ。

 番組で女性キャスターに向かって、村西とおるの名前を語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る