「悪者は宮迫」認定で…吉本が図る“闇営業”騒動の幕引き

公開日: 更新日:

 闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が4日、神奈川県茅ケ崎市で行われたイベントで、特殊詐欺の被害防止のための啓発チラシを配るボランティアに参加したと報じられた。

 イベントは「第8回Hawai’i湘南フラフェスティバル2019」というもので、宮迫はアロハシャツ姿で来場者約500人にチラシを配った。イベントの主催者には、共通の知人を通じて10日ほど前に本人から参加の申し出があったという。サンスポによれば宮迫は来場者からの写真撮影にも応じ、「また泣いちゃいそう」と話していたという。先月20日の謝罪会見以降、初のボランティア活動となるが、吉本興業は関知していない。ワイドショー芸能デスクはこう解説する。

立川志らくが『ひるおび!』で“パフォーマンスと受け取られてしまうこともある”と言っていましたが、そういう側面は確かにある。ただ、みそぎとしてボランティアに参加することは決して非難されることではないでしょう。宮迫は先月30日に吉本サイドと話し合ったそうですが話し合いは平行線。吉本に戻る気はないようですから、次のステップを見据えた活動だと思います」

 吉本サイドは宮迫に対し、岡本昭彦社長の会見で“契約解除を撤回”としたが、「フライデー」で反社勢力との“ギャラ飲み”が報じられると“契約解消の撤回については再度検討”と対応を二転三転させている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る