「悪者は宮迫」認定で…吉本が図る“闇営業”騒動の幕引き

公開日: 更新日:

 闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が4日、神奈川県茅ケ崎市で行われたイベントで、特殊詐欺の被害防止のための啓発チラシを配るボランティアに参加したと報じられた。

 イベントは「第8回Hawai’i湘南フラフェスティバル2019」というもので、宮迫はアロハシャツ姿で来場者約500人にチラシを配った。イベントの主催者には、共通の知人を通じて10日ほど前に本人から参加の申し出があったという。サンスポによれば宮迫は来場者からの写真撮影にも応じ、「また泣いちゃいそう」と話していたという。先月20日の謝罪会見以降、初のボランティア活動となるが、吉本興業は関知していない。ワイドショー芸能デスクはこう解説する。

「立川志らくが『ひるおび!』で“パフォーマンスと受け取られてしまうこともある”と言っていましたが、そういう側面は確かにある。ただ、みそぎとしてボランティアに参加することは決して非難されることではないでしょう。宮迫は先月30日に吉本サイドと話し合ったそうですが話し合いは平行線。吉本に戻る気はないようですから、次のステップを見据えた活動だと思います」

 吉本サイドは宮迫に対し、岡本昭彦社長の会見で“契約解除を撤回”としたが、「フライデー」で反社勢力との“ギャラ飲み”が報じられると“契約解消の撤回については再度検討”と対応を二転三転させている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る