中居正広は“芸能界フィクサー”か 吉本闇問題で存在感発揮

公開日: 更新日:

 吉本興業の分裂騒動で、中居正広(46)の存在がクローズアップされている。闇営業にギャラ問題、加藤浩次(50)の独立宣言などで揺れる中、吉本芸人のトップ松本人志(55)と岡村隆史(49)らを引き合わせ、食事会を開いていたというのだ。8月3日のスポニチが報じた。松本と岡村には距離があったが、会社の今後について、松本との意見交換を求める岡村が松本の電話番号を聞いてきて、両人とそれぞれ親交のある中居が間を取り持ったという。

「芸人ファースト」を掲げ問題解決に動く松本と、闇営業の宮迫博之(49)から直接相談を受けたり、加藤とも近く、芸人たちの生の声を聞いているであろう岡村。それぞれの立場を中居は尊重しつつ、吉本騒動への客観的な意見もしたもようで、スポニチは「さまざまな意見を集約できたことで騒動が一気に解決に向かう期待が高まる」と報じた。となると中居はまるでフィクサーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  9. 9

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  10. 10

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

もっと見る