中居正広は“芸能界フィクサー”か 吉本闇問題で存在感発揮

公開日: 更新日:

 吉本興業の分裂騒動で、中居正広(46)の存在がクローズアップされている。闇営業にギャラ問題、加藤浩次(50)の独立宣言などで揺れる中、吉本芸人のトップ松本人志(55)と岡村隆史(49)らを引き合わせ、食事会を開いていたというのだ。8月3日のスポニチが報じた。松本と岡村には距離があったが、会社の今後について、松本との意見交換を求める岡村が松本の電話番号を聞いてきて、両人とそれぞれ親交のある中居が間を取り持ったという。

「芸人ファースト」を掲げ問題解決に動く松本と、闇営業の宮迫博之(49)から直接相談を受けたり、加藤とも近く、芸人たちの生の声を聞いているであろう岡村。それぞれの立場を中居は尊重しつつ、吉本騒動への客観的な意見もしたもようで、スポニチは「さまざまな意見を集約できたことで騒動が一気に解決に向かう期待が高まる」と報じた。となると中居はまるでフィクサーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る