適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。作家。近著に「国賊論 安倍晋三と仲間たち」、「ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

「ダメダメ人間の集まり」の吉本興業が教育進出の意味不明

公開日: 更新日:

 吉本興業の芸人の闇営業問題。宮迫博之田村亮らが詐欺グループの忘年会に出席していたのが発端だが、その後、直接関係のない芸人たちが口をはさむことにより騒ぎが拡大していった。芸人と会社側の応酬はくだらないの一言だが、その過程で薄汚い連中の生態が明らかになったのは収穫だった。

 現在、吉本と官邸は完全につながっている。安倍政権の成長戦略の目玉として設立された官民ファンド「クールジャパン機構」(海外需要開拓支援機構)は、吉本関連の事業に多額の税金を投入してきた。毎年のように赤字を出し、累積赤字は膨大な額に上るが、今年の4月には100億円の出資が決まった。

 なぜか?

 同機構が「安倍首相の信頼の厚い世耕弘成経済産業相のコントロール下」にあり、「安倍首相当人が吉本を気に入っているから、どうしようもない」(政府関係者)からだ(時任兼作「現代ビジネス」7月27日)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る