本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

野田が目を細める期待の新星はスレンダー体型の早乙女ゆう

公開日: 更新日:

「朝丘(雪路)さんも、生前、“わたしのマネジャー、野田ちゃんだったのよ”って、親しい方たちにおっしゃっていたらしい。うれしいですよね。わたしの名前を出しても恥ずかしくないと思っていただけたのなら」

 高橋英樹に憧れ上京し、役者の道を進もうとした我らが野田義治だったが、来る役といえば喫茶店の客と通行人ばかり。

 食えないので新宿・歌舞伎町のジャズ喫茶でアルバイトをはじめ、ディスコの支配人としてステージに立つミュージシャンをブッキングするようになった。腕を見込まれ、夏木マリ、いしだあゆみ、朝丘雪路といった大物歌手、女優のマネジャーを務めた。

 若き日々に夢見た俳優業は、野田にとって思い入れがあるのだ。

「いま、エンターテインメントの世界では、大学卒業して制作会社入って、セカンド、サード助監督やって仕事を覚えていく。日芸(日本大学芸術学部)、早稲田、慶応の学生のなかでも映画、舞台の裏方や演者がけっこういますから。でも監督の数は多いけど、実際に映画つくらせてもらえる環境がない。映画会社もそんなに製作しないしね。この前の『カメラを止めるな!』は監督&俳優養成スクールの製作だったでしょう。経験もないのに、2時間の映画撮りなさいよって言われる才能のある人って、そんなにいないんです。だから短い映画からステップアップしていくんですよ。短編撮ってから2時間映画にステップアップするという」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る