本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

朝丘雪路は名乗れば自販機のジュースが買えると思っていた

公開日: 更新日:

 朝丘雪路は多芸多才の人だった。

 宝塚歌劇団月組娘役出身、日舞の深水流家元でもあり、女優だけではなく、歌手としても紅白歌合戦10回出場、1971年には「雨がやんだら」(作詞:なかにし礼、作曲・編曲:筒美京平)が大ヒット。「夜のヒットスタジオ」「11PM」では番組司会業もこなし、「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」でコメディエンヌぶりを披露、巨泉から「ボインちゃん」と呼ばれた元祖巨乳女優でもあった。

 父の日本画家・伊東深水に溺愛され、幼いころからすべてのことをお付きの人がしてくれた。

 現金やカードも持ち歩かず、すべてお付きの人が支払うので買い方がわからない。自動販売機でジュースを買うときも、「朝丘です」と自販機に話しかけている。長女で女優の真由子によると、名前を名乗ればジュースが出てくるものと思っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る