本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

写真家・野村誠一が証言する堀江しのぶ“サイパンロケ”秘話

公開日: 更新日:

「野田(義治)さんと初めて会ったのは、たぶん海外ロケに行ったとき一緒だったのかもしれないですね。サイパンに行ったときか」

 写真家・野村誠一が回想する。

 女優・モデル・歌手。さまざまな分野で活躍する女性たちが、この男の被写体になるのを望む。写真界を代表するカメラマンである。

 1951年生まれ。

 映画監督志望だったが、監督料の安さに失望し、カメラマンの道を歩み出す。

 講談社の女性誌をメインに仕事をしてきた野村誠一に、小学館発行「GORO」から、専属カメラマンにならないか、と誘いがあった。

「GORO」といえば、大ブームになった篠山紀信の激写の本家本元であり、大物女優、歌手のヌードグラビアが毎号話題になる、カメラマンなら誰もが憧れる舞台だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    弁護士・三輪記子さんは“浮気率6割” 独身時5人交際し3人と

  10. 10

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る